読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Freestyle @utdoor LIFE

さびしんぼ系スノーボーダーのいっしーがアウトドアなスタイルの生活を自由に送る為に考えること、なんやらかんやら。

名古屋のCLUB〖iD cafe〗で友達作り

やぁ!さびしんぼ系スノーボーダーのいっしーだ!

 

スポンサーリンク

昨日、4月1日にiD cafeに行ってきたぞ。

Reggae以外のジャンルのCLUBに行くのはかなり久しぶりだ。

 

ちなみにiDの外観はこんな感じだ。

f:id:otomodachiippai:20160402234021j:plain

出典:information:iD cafe

5階建ての建物で、ジャンルごとにフロアがわかれている、名古屋でも最大級のCLUBだぞ。

 

名古屋に19時に集合したいっしーとスノーボード仲間のT氏。

まずは、腹ごしらえと原動力である酒を飲むために居酒屋へ。

tabelog.com

ここは先日のスノーボードで知り合ったK君が働いている居酒屋。

肝のあぶりがめちゃくちゃうまい飲み屋だ。

 

ちなみに名古屋?愛知?で一番冷えたビールを出してくれるとのことだ。

 

ここで軽くガソリンを入れ、時間は20:30。

 

「さぁ、行こうか。」

 

二人でiDへ向かったぞ。

現場は栄のど真ん中。

 

到着すると入口に何人か並んでいて、身分証明書のチェックを受けている。

残念ながら男性は21歳未満、女性は20歳未満は入場できないぞ。

 

そこで免許証を提示して入場料を支払い中へ。

ちなみに入場料は~20:00なら2000円(4drink)、20:00~は3000円(4drink)だったぞ。女性はもう少し安かったが、覚えていないぞ。

 

ここで、次回の入場時に割引になるチケットが貰えるから無くすんじゃないぞ。

 

入場したら、まずはロッカーにお金と携帯以外の荷物を入れて、戦場へと向かう。

 

まだ、時間が早いせいもあってかフロアーにはまだまだ余裕がある。

 

とりあえず全フロアをぐるっと回ってから、カウンターで酒を購入。

いつも決まって飲むのはレッドブルウォッカだ。

 

どの酒も入口で貰ったチケットで飲むことが出来る。なくなったら一杯500円で購入可能だ。

 

せっかくCLUBに来たのにT氏と男二人で飲んでいるのも寂しいので、二人組の女の子に声を掛けてみる。

 

「かんぱーい!」

ここでグラスを合わせてくれたら、友達になるためのファーストステップは完了だぞ。

 

嫌なら大体無視されるからな。

ただ、そこで心を折られてはだめだ。

 

まぁ、今回は話も合って楽しくお喋りできたぞ。

年齢を忘れてしまったのだが、20代前半のももかちゃんとあやかちゃんだ。

 

あやかちゃんは別のCLUBはたまに行くが、iDは初めてだそうだ。

ももかちゃんに至っては、この日がクラブデビューだったそうだ。

酒が好きなようで、結構酔っぱらっていたな。

 

あやかちゃんにブログをやっていることと、Facebookで友達を募集していることを伝えると、快くブクトモになってくれた。

ももかちゃんはFBやってないそうだ。ほんとか?(笑)

 

まぁ、最終的にT氏も含めてLINEを交換したぞ。

f:id:otomodachiippai:20160402232856j:plainいっしーが完全に楽しそうなのは言うまでもないな。楽しかったからな。

 

さぁ、二人に別れを告げ、他のフロアを回ってみる。

 

どうやらT氏の調子がすこぶる良いみたいだ。

普段は自分から声を掛けたりしないのに、がんがん攻めていく。

 

カッコいいぞT氏!

結構、無視されてるけどな(笑)

 

そんなこんな次に出会ったのが、しずちゃんとまいちゃんの二人組。

地元が関東らしいが、仕事の配属が名古屋でこっちに来ているとのこと。

f:id:otomodachiippai:20160402235447j:plain

やはり完全に楽しそうなさびしんぼ系スノーボーダーだ。

 

ちなみにこの二人ともLINEは交換したが、ブクトモにはなれなかった。

まぁ、おいおいなれればいいよな。

 

さぁ、このあたりでタイムアップが来てしまったぞ

そう、終電。

T氏と二人で急いで地下鉄に向かう。

この時に気を付けたいのが、地下鉄の入口が8割くらい閉まっていることだ。

 

地下街が22:00ごろに閉まるため地下街へ降りる入口も閉まっているのだ。

 

サンシャイン栄あたりの入口まで行かないとダメだから、みんなも気を付けるんだ。

余裕ぶっこいていると乗り遅れて、朝まで帰れなるぞ。

 

やはり酒と音楽ってのは人の心を開放するなと感じた一日だったぞ。

 

現在のブクトモ数90人

 

スポンサーリンク